ma-ku.gif

犬猫と共生を考える施設

現在、犬猫は4世帯に1匹の割合となり、その数は人間の子供たちを凌ぐ数です。しかし、多くのご家庭で大切に飼われている反面、未だ飼主がいなくなれば孤児となり、殺処分の対象になる可能性が高い社会になっています。殺処分される犬猫は、飼主の死去や病気などが一番の要因になっており、飼い主の責任に頼る現状では、高齢化社会のライフサイクルが波となって押し寄せた場合には対応できないことは目に見えています。その波が来る前に備え、一刻も早い「保健所からの選択肢を当たり前に」の告知啓蒙を進め、飼主が安心して共に暮らすことの出来る社会、何より一匹でも多くの犬猫が、幸せに安心して暮らせる社会にのために、孤児の保護だけでは無く、大切な命との共存を学び、啓蒙できる真の共生施設の開設を目指します。

また、私たちは行政や尊い募金に頼るのでは無く、自らが運営資金を生み出すことを目的とします。

犬猫との共生を考え、行政、企業、市民がそれぞれの役割に於いて繋がることで、様々な問題を解決し、最小単位である家族から、地域、そしてより良い日本を目指すことは何より大切なことと考え、その一つのプロジェクトとして、担う事ができる犬猫共生施設を考えます。 

犬猫共生施設の開設を目指します。

□施設は行政で保護された身寄りの無い犬猫(老犬猫や障害犬猫の終生飼育、一般の犬猫は譲渡促進します)の保護。また、飼い主の死去、入院などでの孤児の可能性を回避するため、飼主を対象に事前に、会員登録など募ります。そして、引っ越しなどや転勤などによる一時的預り等。

□永続的な運営、独立採算を考慮し会員制の導入と、並行して環境に合わせて施設での仕事を創出、寄付や助成金に頼らない施設、採算性を持った共生保護施設の指標を目指します。

□人と犬猫が共生できる施設として、参加者やボランティア、ゲストの滞在を可能とし、ご自分の犬や猫との短期、長期滞在も含め、施設の犬猫との触れ合い、自然と親しむことが出来る施設。

□特に宿泊は、センターハウスをメインにロッジやテント、簡素、質素で素材と質感を重視した空間で、犬猫たちと過ごす、心身のリフレッシュ、自然の営み、自然を身体で感じる共生体感の施設に。

□犬猫共生をコンセプトに、よりよい社会のひとつの事例の為に最善を尽くしたいと考えます。

名前の通り、保護施設では無く共生を目指します!

一番は、ケージや檻の中に閉じ込めるのではなく、人と同じ空間で過ごすことが出来る施設。もちろん、ドッグランは犬たちの憩いの場、周辺環境にも考慮し、冒険という名の散歩が出来る地域と考えています。

​ぜひ、想いを同じくする皆さんに、犬猫たちと、一生の宝物になるような長期ステイも体験してもらいたいですね

1,000匹の絆プロジェクト

犬猫共生施設の実現への道

実現を目指し、寄付に頼らない手法として、犬猫モニュメントを1,000体を製作目標に、その収益資金を元に犬猫が楽しく安心して過ごせる施設の開設、人が犬猫たちと過ごす事が出来る施設、犬猫との共生を体感し、新たな動物愛護の方向性を目指します。

ヘッディング 1

一匹でも多くの犬猫が、幸せにめぐり逢えますように
動物愛護 / 保健所犬猫応援団
ma-ku.gif

​life-home@miracle.ocn.ne.jp

6-23-1 East of Midorigaoka, Koriyama-shi, Fukushima-ken, Japan 

〒963-0702 福島県 郡山市 緑ヶ丘 東6-23-1 tel 024-905-4385

デュホームアンドガーデンNPC

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Pinterest
  • Instagram
 Copyright ©Duhomeandgarden.npc. All Rights Reserved.